神田川を歩く(吉祥寺駅~高井戸駅)

2019年5月18日(土)昼下がりの吉祥寺駅

 

家でぼーっと地図を見ていたら、神田川の流路が気になったので、

自転車で吉祥寺へ行き、神田川を歩いてみることに。

 

 

 

土曜の午後の吉祥寺。

相変わらずの人手である。

吉祥寺駅南口から、井の頭公園に向かう。

 

丸井の前に、珍しい犬がいた。

 

曇天ではあるが、井の頭池はスワンボートや手漕ぎボートがたくさん出ていた。

 

 

MAP。

この地図だと左上のほうに、向かう。

方位だと南東。

神田川井の頭池が源流である。

 

 

ちょっと洒落たカフェーも横目に、公園内をふらふらと歩く。

 

井の頭公園の最深部、神田川源流に到着。

 

ここが、あの神田川の起点である。

 

序盤なので、水量はかなり少ない。

神田上水の面影を残しているのか、模しているのか。

 

京王井の頭線を下から眺める。

 

せせらぎに沿って、遊歩道や公園が続く。

 

 

神田川は、かつて江戸時代に徳川家康により、開削された神田上水(日本最古の上水道)。

 

 

だんだんと、杉並区あたりで見る、いつもの神田川の風景になってきた。

 

線路沿いに緑道が整備されている。

駅で言うと、三鷹台駅付近。

この辺りが、「住みたい街No.1吉祥寺 」に貢献しているのではないだろうか。

 

ちょうど電車が見えたので1枚。

緑に列車が映える。

 

 

鴨もどこか品がある。

 

緑道が整備してあるので歩きやすい。

無心でただ歩く。

 

隅田川まであと、23km。

神田川は長いので、長期的に楽しみたい。

 

久我山駅付近。

 

 

水辺に黄色い菖蒲が咲いている。

住みやすそうな町である。

 

環八のスーパーおおぜきが見えてきたということは

 

高井戸まで来た。

この先は井の頭線から、離れていくので、この日はここをゴールとした。